薬剤師のUターン・Iターンの転職デメリットを知っておこう

薬剤師のUターン・Iターンにはデメリットもあります。地方に移住するメリットは考え方によってはデメリットになるからです。Uターン・Iターンはこういった点をよく考慮しておかないと、途中で挫折することにもなりかねませんよ。

薬剤師としてキャリアも積める調剤薬局の管理薬剤師は、魅力あふれるポストですね。

薬剤師のUターン・Iターンのデメリットはメリットの裏返し

薬剤師のUターン・Iターンにデメリットもあるんです。

今は都心で働いているけど、いずれは地元に帰りたいとか。自然の中で子育てをしたい、マイホームを建てたいと地方への移住を考える薬剤師は増えています。

けれども、どんなことにもメリットとデメリットがあるように、Uターン・Iターンは良いことばかりではありません。

メリットとデメリットを比べてどちらが勝っているかをよーく考える必要があります。

ここでUターン・Iターン転職の一般的なデメリットを見てみましょう。まず、地方では転職先の職種の幅が少ないです。薬剤師の場合、就職先である製薬会社や医療関連企業は都心に集中しており、Uターン・Iターンで転職するのは困難です。

薬剤師不足が続く地方では都心よりも高収入の場合が多く、一般のUターン・Iターン転職によくある年収が下がるデメリットについてはあまり心配がいりません。が、初任給が高いけど後が伸びない、、というケースはあるので確認はしておきましょう。

生活の面はどうでしょうか?Uターン・Iターンで移住すると新しく人間関係を築く必要があります。都会より近所づきあいが多く、地域特有の慣習などもありますが、苦手な人もいるかもしれませんね。

また地方では毎日の生活に車が必要なことが多いです。買い物をするにも品揃えが少なく不便だと感じる人もいるでしょう。

都会にあるような遊ぶ場所は少ないです。流行の商品や最先端の技術に触れる機会は限られます。

これらの都心と違う地方の暮らしの特徴はUターン・Iターンのメリットでもありますが、デメリットと感じる人もいるのです。地方の生活に慣れずに都心に戻っていく人も少なからずいるのも現実です。

薬剤師のUターン・Iターンのデメリットを経験談から知る

薬剤師はUターン・Iターンのデメリットをしっかりと考慮しておかないと、せっかくの計画が失敗するかもしれません。

ここでUターンをして失敗したと感じているKさんの話を紹介しますね。

大学進学で都心に出てきたKさんは製薬会社に就職して5年目。仕事の上司との関係で悩みもあり、地元の調剤薬局へUターン転職をすることを決断し、すぐに移住しました。

親や地元の友達がいる田舎での生活がスタートしましたが、都会での生活が10年近くになっていたKさんには地元の暮らしに違和感を感じるようになっていたのです。

営業職で毎日いろいろな人に会って刺激を受けていたのが、今の仕事では職場の人と年齢の高い患者さんと顔を合わす日々。

昔は当たり前だった田舎の落ち着いた暮らしが、都会の便利さを知った今では馴染むことができません。Uターンをするには年齢的に早すぎた、とKさんは後悔をしています。

Kさんは地方へ戻った生活のイメージが出来ていなかったようです。しっかりと人生設計をしてから実行をするとよかったのでしょう。

薬剤師のUターン・Iターンはデメリットを踏まえてから

薬剤師のUターン・Iターンのデメリットはわかりましたか。Uターン・Iターンはあなたの人生を変える選択なので、普通の転職よりも慎重に行わなければなりません。

後から「こんなはずでは、、、」と思うことがないように、Uターン・Iターンをする前にデメリットを含めた情報をしっかりと収集しましょうね。

Uターン・Iターン転職に詳しい情報サイトがありますよ。薬剤師のあなたには薬剤師専門の転職サイトに登録することをおすすめします。

独身のあなたも、家族がいるあなたにも、専門のコンサルタントが新しい仕事や生活についても相談にのってくれますよ。

このページの先頭へ