薬剤師がUターン・Iターンで薬局からドラッグストアに転職して成功するコツ

薬剤師がUターン・Iターンで薬局からドラッグストアに転職することもありますね。都会から離れて、Uターン・Iターンでゆとりのあるライフスタイルを目指す薬剤師は少なくありませんよー

薬剤師がUターン・Iターンで薬局からドラッグストアに転職して地域に貢献

薬剤師がUターン・Iターンで薬局からドラッグストア。地方に移住して転職する時に、ドラッグストアにキャリアチェンジする人も多いですよ。

Uターン・Iターン先の地方では、ドラッグストアの仕事の魅力を十分に感じることができるのです。

地方のドラッグストアは、地元の住民でにぎわう憩いの場でもあります。薬剤師は地域の人々の暮らしを守るための大切な仕事をしています。

薬剤師は薬や健康に関わる悩みを解決するなど、お客さんにとってより身近な存在であるのです。地方のドラッグストアは大型店舗であることが多く、たくさんの種類の商品を扱っています。

様々な商品の知識が身につき、幅広い業務に取り組むことができます。店舗のマネージメントやマーケティングに関わることができれば、さらにやりがいがありますね。

都心の薬局では処方箋の調剤に追われて、患者さんとじっくりと関わることが難しいこともありませんか。ドラッグストアでは地元のお客さんに直接感謝されることも魅力ですね。さまざまな経験をしてみたいと考える薬剤師には面白い仕事です。

薬局からドラッグストアへの転職は、新しい仕事で大きく成長できるチャンスでもありますよ。

薬剤師がIターンで薬局からドラッグストアに転職した話

薬剤師がIターンで薬局からドラッグストアに転職したKさん(20代後半)の経験談です。スムーズに計画が進んだわけではないみたいです。

Kさんは大学進学後に都会に10年ほど住んでいました。都会の暮らしは便利だし、新しい情報や刺激にあふれて、不自由のない生活を送っていた、はずでした。

が、30代が近づくにつれ、都心での生活に疑問に感じるようになり、都心から離れて自分らしい生活ができる場所に移住したい、と考えるようになりました。

地元に戻るよりは自分の力で一から新しい生活を始めたい気持ちが強く、まずは移住する場所からの検討です。Kさんの移住計画はなかなか進みませんでしたが、いくつかの候補地から海が近く自然豊かな地方にまず決めました。

次は転職先探しですが、こちらも難航。Iターン先の求人は直接見ることもできないので、求人情報だけが頼りです。条件を比べて迷い出したらキリがなく、モチベーションも低下してきたようです。

それでも、やっぱり地方に移住したいという思いがあり、就職活動を続けていった結果、納得したIターン就職ができました。Kさんは独身ですが、Iターンを決めてから転職するまでに1年ほどかかりました。

しかしドラッグストアの仕事や生活情報もたくさん調べて納得した上での転職だったので、日常生活は順調です。

Kさんは新しい地で、新しい職場の人や友人に恵まれ、自分らしい生活を送っているということです。

薬剤師がUターン・Iターンで薬局からドラッグストアに転職して人と触れ合う

薬剤師がUターン・Iターンで薬局からドラッグストアに転職すると、たくさんの地方の人々と関わることができます。

ドラッグストアは人との触れ合いが好きで、いろいろな業務をやってみたいあなたにおすすめの職業ですね。

薬剤師がUターン・Iターンをするときは、いろいろな情報を集めたほうがいいですよ。情報収集におすすめなのは、薬剤師転職サイトです。

サイトへの登録は無料ですが、薬剤師転職の専門コンサルタントと話もできますし、Uターン・Iターンに関する質問や相談もいつでも受け付けてくれます。

今すぐに転職するつもりはなくても、登録をすれば情報収集に利用できますよ。

このページの先頭へ