薬剤師がUターン・Iターンで病院から病院でキャリア継続

薬剤師がUターン・Iターンで病院から病院に転職。病院は日本全国、どこの地方にもあります。あなたに病院の勤務経験があれば、Uターン・Iターンでも容易に病院で働くことができますよ。やりがいを感じながら仕事を続けていくことができる職種ですね。

薬剤師がUターン・Iターン で病院から病院に転職したら

薬剤師がUターン・Iターンで病院から病院に転職すると、あなたの仕事のキャリアを伸ばすことができますね。

生まれ育った故郷へ戻って転職するUターン、生まれ故郷以外の地方へ転職するIターンですが、さまざまな理由でいつかは故郷や田舎の暮らしをしてみたいと考える薬剤師は少なくありませんよ。

けれども、そもそもUターン・Iターンしてうまく転職ができるのだろうか、と不安になるかもしれません。病院で薬剤師の仕事をしているあなたの場合は、転職先があるかどうかの心配をする必要はまずないでしょう。

地方では薬剤師不足が深刻化しています。病院薬剤師の求人はどこの地方でもあるので、これからもキャリアを続けられる可能性が高い職種です。地方によっては、大学病院などのハイレベルの医療機関はないこともあります。

しかし、それぞれの地方には基幹となる病院が少なからずありますので、あなたの能力に合わせた職場をみつけることは可能でしょう。中小病院や個人病院、療養型の病院、クリニックなどもたくさんあります。

生まれ育った地元や地方へ転職しても、病院薬剤師として積んできた経験を無駄にすることなくイキイキと暮らすことができますよ。

薬剤師がUターンで病院から病院に転職した例

薬剤師がUターンで病院から病院に転職したケースを一つ紹介してみますね。

女性のHさん(20代)はある地方の出身です。大学進学時から地元を離れて1人暮らし、卒業後は都会で就職しました。

就職したのは中小規模の病院です。当直はないものの、毎日残業が当たり前の環境です。先輩の薬剤師と上手く行かずに仕事にストレスを感じるようになりました。

勤務がある日の朝が起きられず、勤務中も体が重たくてたまりません。体調不良は日に日にひどくなり、一人暮らしのHさんは心細さを感じるようになりました。

自分にとって故郷がどんなに大切な場所であるかがわかり、都会で暮らすよりも、家族がいる地元に戻りたいと強く思うようになりました。だんだんとうつ状態になってきたHさんは、退職して地元でしばらく療養することにしました。

実家に戻ったことによりHさんの憂うつな気分も解消。このまま実家にお世話になり続けるわけにもいかないので、転職活動をはじめました。

都会の病院で人間関係で悩んだHさんは、地元の病院への転職では人間関係を重視して探しました。口コミを探したり、実際に見学に行ってここなら大丈夫そうだ、という病院に転職しました。

今は実家でご両親と一緒に住んでいて、気持ちの面でも仕事の人間関係も、ずっと落ち着いた生活が出来ている、とのことです。

薬剤師はUターン・Iターンで病院から病院の転職情報を見つけよう

薬剤師がUターン・Iターンで病院から病院に転職する時には、あなたのキャリアに合う職場をみつけたいですね。

病院には規模や種類など、実にいろいろな環境のところがあります。

けれども、離れたところに住みながらUターン・Iターンの転職活動をする時は、実際の病院の状況がわからないので、転職が不安になるでしょう。

こういう時に活用してほしいのが、薬剤師転職サイトです。

薬剤師転職サイトには全国の病院の求人情報が掲載されています。

サイトに登録すると、普通の求人情報ではわからないような病院内部の詳しい情報までも教えてくれますよ。

主にどんな内容の仕事をしているかなどがわかると転職先が選びやすいですね。

数ある薬剤師転職サイトの情報を集めて、あなたにより合った病院を見つけてみましょう。

このページの先頭へ