薬剤師がUターン・Iターンでドラッグストアからドラッグストアに転職すると

薬剤師がUターン・Iターンでドラッグストアからドラッグストアに転職。薬剤師は都会から地方に引越しをしても、同じ職業に就くことも可能ですよ。経験が活かせる職業なら、Uターン・Iターンをしても心強いですね。

薬剤師がUターン・Iターン。ドラッグストアからドラッグストアに同業転職。

薬剤師がUターン・Iターンでドラッグストアからドラッグストアへ転職する場合は、あなたが培ってきた経験やスキルをそのまま活かすことができます。

車社会の地方のドラッグストアは都心に比べると店舗面積が広く、医薬品、健康食品、化粧品、ベビー用品、日用品など数多くの商品を取り揃えるところがほとんどです。

生活用品などを買いに行ったついでに健康相談もできるドラッグストアは、地元の人々の生活に欠かせない位置づけになっていますよ。

特に高齢化がすすむ地方では高齢者に優しいドラッグストアを目指し、介護用品の相談や介護事業も行っているところもあります。ドラッグストアの仕事内容は好きなので、地方にいっても同業種でキャリアを続けていきたいと思う薬剤師もいるでしょう。

同じ業種に転職すると、即戦力として活躍することも期待され、Uターン・Iターン先での採用は有利です。

あなたの今までの経験を上手にアピールして、Uターン・Iターン転職を成功させましょう。

薬剤師がIターンでドラッグストアからドラッグストアへの転職例

薬剤師がIターンでドラッグストアからドラッグストアに転職して成功した人をみてみましょう。

40代のGさんは都会でドラッグストア勤務、店長をしています。仕事の経験も長く、それなりに給与ももらっています。

Gさんが働くドラッグストアの周りにはたくさんのライバル店舗があり、激しい競争をしています。店長としてノルマにも追われ、胃がキリキリと痛む毎日です。

ドラッグストアの仕事の魅力はお客さんに自分のすすめた商品を売れること。でも商品の値下げ競争もひどく、Gさんが思い描いていたような仕事は出来なくなりました。

Gさんも奥さんも地方出身です。子どもは田舎に帰って自然の中で伸び伸びと遊ぶのが大好きで、地方への移住を考え始めました。

地方には都会での生活では手に入らないゆとりがあります。しかし、40代からの転職ということでなかなか決めることができませんでした。

幅広く情報を集めていると、地方で高いシェアを獲得しているドラッグストアの店長候補の求人がありました。待遇もよくキャリアも活かせる上に、ドラッグストアの仕事がじっくりと取り組める環境のようです。

家族の間で何度も話をした上で、Gさん家族はIターン転職に踏み切りました。Gさんの今の生活ですが、とても充実しているとのことです。

残業もありますが、都会での残業時間に比べると断然短く、家族と一緒に過ごす時間がとても増えました。

自分も奥さんも自分が育った環境に近いところで子育てができて満足だし、何よりもドラッグストアでは地域のお客さんとの距離が近く、やりがいのある業務が可能だとか。

Gさんは、これからも地元の人に喜ばれる店舗作りを目指しています。

薬剤師がUターン・Iターンでドラックストアからドラッグストアに転職する方法は?

薬剤師がUターン・Iターンでドラッグストアからドラッグストアに転職すると、薬剤師の専門性を活かしながら、お客さん一人ひとりと接することができそうですよ。

しかし、Uターン・Iターン先のドラッグストアの求人を探すのは、場所が離れているし難しいかも、って思いませんか。

そういう時に利用してもらいたいのが、薬剤師転職サイト、です。

全国のドラッグストアの求人情報を扱っているので、どこに住んでいても求人を探すことができるのです。

サイトに登録して、あなたがのキャリアが活かせるドラッグストアを見つけませんか。

このページの先頭へ