薬剤師がUターン・Iターンで病院から薬局に転職で給料もゆとりもUP

薬剤師はUターン・Iターンで病院から薬局にチェンジすることが可能です。一般的に地方の調剤薬局は高待遇なので、転職すれば時間的にも経済的にも余裕のある暮らしが出来ると思いますよ。

薬剤師がUターン・Iターンで病院から薬局に転職する理由とは?

薬剤師がUターン・Iターンで病院から薬局に行くパターンはよくみられます。

病院薬剤師の仕事はいつも人気なのですが、仕事のキツさに比べると給料が伴わない!と不満を感じる薬剤師が多い職種です。

他にも、やりがいはあるのだけど、当直勤務や不規則な勤務で体力的についていけない、と感じる人や病院の仕事が大変すぎて自分には合わない!と思う人、局内にお局さんがいて、人間関係が耐えられない!休みが取れない、連休取得などはあり得ない環境なので、プライベートが無い!など病院薬剤師の仕事には憧れたのだけど、厳しい職場環境なので病院を辞めようか、、、と考える薬剤師は少なくありません。

このような理由などで病院薬剤師が違う職種に転職を考えた時に、調剤薬局を選択する人が多いです。

病院も薬局も主な仕事は調剤です。病院薬剤師の仕事経験を十分に活かすこともできるし、薬局で働くほうが体力的にはラクです。

それに、なんといっても調剤薬局に転職するほうが、勤務時間が少なくなっても収入が良い!Uターン・Iターンを考えているあなたの場合は特に、高待遇の薬局の求人がたくさんありますよ。

都会の暮らしより田舎の暮らしが好きで収入を上げたいあなたには、Uターン・Iターンで病院から薬局に転職する方法をおすすめします。

薬剤師がUターンで病院から薬局に転職してマイホーム購入

薬剤師がUターンで病院から薬局に転職して念願の一戸建てを購入した体験談を紹介しましょう。

男性のTさん(35歳)は5年前に地元にUターンしました。

進学で都会に出てきたTさんは、地元に戻らずに病院に就職しました。病院に就職した理由は安定性があって一生続けられそうだから。その時は地元に戻る考えは全くなかったようです。

Tさんが働いていた病院では当直は月に数回回ってきます。慢性的に人不足の病院だったので、日中の勤務も忙しく、神経をすり減らし疲れ果てている日々でした。

仕事としてはやりがいもあり確かに安定性もあるけれど、給料は激安。それに長く続けていても給料が大して上がらないことがわかってきました。

Tさんには自分で家を建てる夢がありました。けれども、このままの給料では家を建てるどころか普段の生活にも余裕がでないので、結婚を気に地元にUターンする決断をしたのです。

転職活動をしていたUさんは、病院の仕事よりも調剤薬局の仕事のほうがずっと給料がよいことを実感。

ある調剤薬局がTさんの職歴を高く評価してくれ、将来の管理薬剤師を約束しての高待遇の採用を提案、安定志向のTさんはこの薬局に転職を決めました。

Uターンをしてから5年が経ちましたが、Tさんは昨年念願の庭付きの家を建てて仕事も順調。時間的にも経済的にもゆとりがある生活が出来ている、ということです。

薬剤師がUターン・Iターンで病院から薬局に転職したいけど、どうしたらいい?

薬剤師がUターン・Iターンで病院から薬局に転職すると、地方で余裕のある生活ができそうですね。

病院で培ってきた経験を活かして、地方の方々の地域医療に貢献することができますよ。

Uターン・Iターンで病院から薬局に転職してみたいなあと考えているあなたには、薬剤師転職サイトをおすすめします。

地方の薬局の情報が豊富に揃っていて、好条件の求人がたくさんあります。専任のコンサルタントに相談すると、気になる条件面もあなたに代わって交渉してくれるでしょう。

今すぐUターン・Iターンをするつもりはなくても登録できます。情報を集めるだけでも十分に価値のあるサイトです。

このページの先頭へ