薬剤師のUターン・Iターン、ドラッグストアから薬局に転職するケース

薬剤師がUターン・Iターンでドラッグストアから薬局にキャリアチェンジをすることは多いにあります。調剤未経験でも地方の薬局でじっくりと仕事をすることが可能です。

薬剤師はUターン・Iターンでドラッグストアから薬局で活躍する

薬剤師がUターン・Iターンでドラッグストアから薬局に転職することは少なくありませんが、どういうきっかけで転職を考えるのでしょうか。

都会のドラッグストアで働く薬剤師の転職理由で一番多い理由は、不規則なシフト勤務によるストレスです。

ドラッグストアの開店時間がどんどん長くなってきて、勤務時間が朝から夜遅い時間になることが多くなっています。

けれどもシフト制といっても、パートやアルバイトが朝の勤務を担当。正社員の薬剤師は、ほとんどが夜のシフトとなり、毎日深夜近くに帰宅する、ということも珍しくもないのです。

たまには仕事が終わってから食事に出かけたいなと思っても、叶いません。

また、ドラッグストアでは土日もオープンしています。週末は忙しいので休むことは難しいですね。休日に友人と出かけたり、プライベートの時間を充実させることも出来ず。。。

仕事が忙しい上に、オフも楽しめなくなると心に余裕がなくなってしまいます。心に余裕がないと、仕事に打ち込む意欲がなくなり、スキルアップしたいという気持ちも消え失せてしまいがち。

でも都会のドラッグストアでは、どこでも似たような勤務条件。他の職場に転職しても、あなたの仕事環境がよくなる可能性は少ないのです。

このまま時間に追われてゆとりのない生活を送るなら、海や山に自然が豊かな地方にUターン・Iターンをして、薬剤師として落ち着いて仕事をしてはどうだろうか。

そういう考えが浮かび始める人が多いようですよ。

薬剤師のIターンでドラッグストアから薬局にチェンジすると。。。?

薬剤師がIターンでドラッグストアから薬局に転職したパターンを紹介しますねっ。

都会出身、20歳代後半独身Uさんは旅行好き。学生時代からあちこち国内旅行をしていました。Uさんが好きなのは田舎で、旅先で会う人々との出会いも好き。

ドラッグストアで働き始めてから、日常に疲れて旅に出ることもなくなりました。都会での生活に疲れた時に頭に浮かんだのは前に行ったことのある地方。食べ物は美味しいし、地元の人は温かい。

実家からそれほど遠くもないので、たまに戻るには問題がない。地方に引越しをして暮らすのはどうだろうか、と考え始めるようになりました。

Uさんはドラッグストアで働いていましたが、じっくりと調剤に取り組みたいとも思っていました。幸いにも、希望の地方の調剤薬局の求人がすぐ見つかり、引越し費用も負担、生活に必要なものも用意してくれるという良い条件です。

調剤未経験のUさんですが、ベテランの薬剤師にしっかり指導してもらっています。

正直なところ、このまま地方に住むかどうかは決めていないようですが、まずは数年住んでいて、地方での生活の方が気に入ったら定住するつもり、とのことです。

薬剤師がUターン・Iターンでドラッグストアから薬局に転職する時に注意することは

薬剤師がUターン・Iターンでドラッグストアから薬局へ転職する場合、調剤未経験でも研修制度があれば安心ですよね。

地方の調剤薬局の場合、研修制度はどこでもあるわけではなさそうです。しかし、最近ではeラーニングを取り入れたり、先輩薬剤師の指導がきっちりしていることが多いです。

どのように仕事を学んでいけるかを転職前に知ることができれば安心ですね。

Uターン・Iターンで地方の薬局に転職したいあなたにおすすめは、薬剤師転職サイトです。

調剤未経験で転職先の研修制度などに不安な場合でも、専任のコンサルタントが転職先の内部情報まで教えてくれますよ。登録は無料なので、利用してみるとよいでしょう。

このページの先頭へ