薬剤師はUターン・Iターンで高収入が夢じゃない!

薬剤師はUターン・Iターンで高収入を得ませんか?薬剤師が不足気味な地方では好条件で働ける求人があります。期間限定の勤務が可能な募集もあるので、Uターン・Iターン中にしっかりと稼ぐことも出来ますよ。

薬剤師はUターン・Iターンで高収入を実現

薬剤師はUターン・Iターンで高収入を得ることができるのでしょうか。

薬剤師の収入は「需要と供給」の関係で決まります。

東京などの大都市では薬剤師の数は飽和状態。求人もたくさんあるけど薬剤師の人数も多いのです。

高年収の求人には応募が殺到。そこそこ給料がいい求人にも供給があるから、しばらくしたら応募は埋まります。

採用側は、ああこの条件で応募があるなら年収を高くしなくてもいいなー、と考えます。ということで都市部の年収は抑えられている傾向です。

逆に薬剤師不足が続く地方では供給が少なく、そこそこの給料では薬剤師が集まりません。

でも、薬局やドラッグストアでは必要な薬剤師の人数が決まっているから、是が非でも薬剤師を確保しなければなりません。

人数が足りなくて困っている地方の経営者は、何とか力を貸して欲しい!と待遇をかなーり良くして薬剤師を募集します。

だから地方では高収入の薬局やドラッグストアなどの求人が多いのですね。普通の職業ならUターン・Iターンで地方に行くと収入は減少傾向なのに、薬剤師の場合は高収入と逆ですよ。

それに、Uターン・Iターンを一生続けるつもりがなくても、高年収で2年などの期間限定の募集もあります。地方で働いている間に思いっきり貯金をするもよし、地方での暮らしが合えばそのまま定住して働き続けるのもありですね。

薬剤師のUターン・Iターンの高収入にワケがあることも

薬剤師のUターン・Iターンが高収入なのはわかりましたか?

薬剤師が足りない地方では年収を高くしないと人が集まらず、実際に薬剤師の引き抜きや取り合いもあるようです。都市部に住む薬剤師の平均年収より100万円以上も高いケースはよく見られますよ。

Uターン・Iターン希望者には嬉しい高収入ですが、転職する前に一つ注意して欲しいのは高収入に隠れた理由です。

一番の理由は先に述べた「薬剤師の人手不足」です。将来も会社を支えていって欲しいという、期待をこめた高年収のこともあるでしょう。

では、肝心の仕事内容はどうでしょうか。Uターン・Iターンといっても地方やエリアによって、業務にかなりバラつきがあります。

例えば調剤薬局ですけど、地方でも複数の薬剤師が勤務している場合は都市部とあまり変わらない業務内容でしょう。

しかし、過疎が進む地域では一人薬剤師の調剤薬局のケースが結構あるので注意です。高収入でも移住してきた場所で一人で仕事をこなすのは相当大変そうですね。

もし調剤経験がない薬剤師がこのような調剤薬局で働くとなったら、精神的にもかなりキツイはず。

高収入の条件は嬉しいですが、収入の良さに惑わされず、仕事の環境をきちんと確認してからUターン・Iターン転職をすることをおすすめしますね。

薬剤師がUターン・Iターンで高収入の求人を探すには

薬剤師がUターン・Iターンで高収入を目指すには何をするのが近道でしょうか。

Uターンはまだしも、Iターンで希望勤務地が決まっていない場合なら、何から手をつけていけばいいか悩みますね。

転職先の住まいの環境も気になりますし、あなたのキャリアアップも目指せるのかなど、転職先の内部事情も少しでも詳しく知りたくないですか。

こんな時に活用して欲しいのが薬剤師転職サイトです。高収入が期待できて勤務条件のよい仕事を探すサポートをしてくれます。難しい条件交渉なども専門のコンサルタントがあなたの代わりに行ってくれます。

登録費用は無料ですし、Uターン・Iターンを少しでも考えているあなたは登録して相談してみてはいかがですか。

このページの先頭へ