薬剤師がUターン・Iターンで製薬会社から薬局に転職したケース

薬剤師がUターン・Iターンで製薬会社から薬局に仕事を変える人もいますね。自然豊かな地方で仕事をしたいから、という理由に合わせて、薬剤師になったからには免許を活かした仕事がしたい、と転職するケースが多いと思いますよ。

薬剤師がUターン・Iターンで製薬会社から薬局にキャリアチェンジ

薬剤師がUターン・Iターンで製薬会社から薬局に転職するケースについてみてみましょう。薬剤師に人気の職業なのが製薬会社です。では、どうしてUターン・Iターンで製薬会社から薬局に行くのでしょうか。

製薬会社に就職するとかなり良い給料を貰えることが多いです。だから給料が不満でUターン・Iターンをしようと考える人は少ないでしょう。

けれども、地方出身の薬剤師の場合は特にですけど、都会に住んでから自分が都会で働くことが合っていないことに気付くことが多いようで、、、

みんなが都会で働くから自分も一緒に就職したけれど、、、満員電車で通勤することが苦痛になってきたり、、、製薬会社の仕事が毎日残業、とにかく過酷な労働環境での激務が続いて、体も心も悲鳴を上げていたり、、、

何もかもが限界となって、都会を離れて地方で働くことを考えはじめるケースが目立っています。

製薬会社の仕事よりも「地元に戻って働きたい!」とか「自然が豊かな場所で暮らしたい!」と思いはじめる人は少なくありませんよ。

それに、せっかく苦労して取得した薬剤師免許ですので、それを活かして調剤薬局で働きたい、と考えるのも不思議ではないですね。

薬剤師のUターンで製薬会社から薬局への転職によくあるパターン

薬剤師がUターンで製薬会社から薬局に転職する人の例をみてみましょう。

地方出身のTさんはとある製薬会社のMRに就職、東京で働いていました。仕事は残業続き、土日も仕事をすることが多い日々でした。

憧れだった製薬会社に就職したのですが、Tさんには営業の仕事が合っておらず、都会の生活にも順応していなかったのです。

仕事も失敗続きで落ち込んでおり、このまま一生この仕事を続けるのは無理だと悩んでいました。

こんな状態が長く続き「Uターン」を考えるようになりました。今の仕事より薬剤師として現場で働くほうが合っていると考えるTさんは調剤薬局での勤務を希望。

そして実家に戻った場合のメリット、デメリットを書き出して熟考しました。

就職先を探すのは慎重になったようです。Uターンの場合は気になる求人があっても実際に見に行くこともできませんね。それでもTさんはネットの情報や地元の友人の声を利用して、地方では大きめの調剤薬局の求人を探し出しました。

Uターンを最終決断するまでに大いに悩んだようですが、現在は地域密着型の薬局でイキイキと働いています。

薬剤師がUターン・Iターンで製薬会社から薬局に転職する方法

薬剤師がUターン・Iターンで製薬会社から薬局に転職。都会よりも田舎の生活のほうが合っている人に多いです。

ありがたいことに、薬剤師不足の地方では、高収入の調剤薬局の求人がたくさんあります。

多くの職業では、地元に帰っても良い就職先がないのでUターン・Iターンを躊躇することもありますが、調剤薬局の場合は違います。

一つだけ心に留めてほしいこと、製薬会社と比べると安定性や福利厚生には少々不満を感じるかもしれません。でもUターン・Iターンで得られる心の安定は、それらのデメリットを上回るはずです。

では、どうすればUターン・Iターン転職で成功することができるでしょうか。

先述のTさんは、いくつかの薬剤師転職サイトに登録して転職先を探しました。全国の求人情報を扱っているし、求人の詳しい情報までも知ることができますよ。

都会にいながらUターン・Iターン先の求人を探すことができるので便利ですね。より多くの情報が集めたい人には、複数の転職サイトに登録して見比べすることをおすすめします。

このページの先頭へ